海のしごと Work in a sea/益田芽衣 Mei Masuda 船舶貸渡業

アパレル業界から海上職に転身。

大分で生まれ育った私は、大学卒業後福岡のアパレル会社に就職し、1年前までの約3年間、地元・大分の店舗に勤務していました。私がこの仕事に就こうと思ったのは今から2年ほど前、24歳の時。20代後半にさしかかるのを前に、自分のこれからの人生を見つめ直したのがきっかけでした。アパレルの仕事は好きだし楽しいけれど、ずっとは続けられないな、と思って。それで転職を考えるようになったんです。学生時代にいろんな国を旅行し、海外に興味があった私は、貿易会社の求人をネットで調べるようになりました。するとある日、「海上職」という文字が目に飛び込んできて。生まれて初めて「船員」という仕事の存在を知りました。これならできそうだな、続けられそうだなって、一番興味を持ったのが船員だったんです。

イメージ

女性が船員になれるか、最初は不安だった。

自分なりにネットで調べて、女性でも船員になれるのはわかったのですが、初めは不安ばかりが募りました。そんな時に偶然、海技士の情報をツイッターで発信している船員さんを見つけ、いろいろ相談に乗ってもらえたのは本当に幸運だったと思います。海技学校へ直接問い合わせたりもして、ずいぶん不安が軽減されました。それでもやっぱり女性だし、アパレル出身なので、海運会社の求人に申し込んでも相手にされない気がして。教本を買って、アパレルの仕事を続けながら猛勉強しました。学科を先にとっておけば、道が拓けるんじゃないかと思ったんです。がんばった甲斐あって、4級海技士の筆記試験に合格。熊本のJEIS西日本九州海技学院で6級海技士(航海)短期養成講習が受けられることを知り、それから半年間お金を貯めて2018年4月に入校しました。

イメージ

社船実習先の企業にそのまま就職。

授業は1カ月座学をして1カ月海技教育機構の練習船に乗り、約1カ月座学をして、最後の1カ月が社船での実習というカリキュラムでした。その社船実習で乗船させていただいたのが、このコンテナ船「しんせと」です。男性船員の中に女性1人で加わるのは緊張しましたが、すぐに馴染むことができました。皆さんがとても親切に対応してくださったので居心地が良かったし、実習期間中とても楽しく過ごせてありがたかった。卒業後はそのまま丸宮海運へ就職させていただくことになりました。昨年10月に入社して、実習生ではなく社員となった今も、船の中はとてもアットホームで快適です。20〜30代の船員プラス60代の代行船長と、若手の船員が多いのも仕事がやりやすい理由の一つかもしれません。

先輩のように、早く一人前になりたい。

甲板員の私の仕事は、航海中は当直、港に入ったら荷役。当直は船長とペアになって、見張りと操船をしながら仕事を学ばせてもらっています。今一緒に航海している代行船長はこの道50年のベテランで、この海域には漁船が多いとか、ここは浅いとか狭いとか、こっちの港から船が出てくるとか、コースプランを見なくても頭の中にすべてのデータが入っていて、本当にかっこいいです。あの島にはこういういわれがあるとか、コース以外にもいろいろなことを教えてくれるし。私もしっかりと経験を積んでそれぞれの土地の特性を覚え、頼りにされる存在になりたいです。資格についても今年7月に6級海技士を取得する予定ですが、最低でも4級海技士までは取りたいと思っています。

イメージ

船上生活ならではの困りごとも。

船はだいたい何でもそろっているし、部屋もわりと広くて快適です。ただ、仮バース(荷役を伴わない船舶の接岸)が少ないと、食料や日用品の買い出しがこまめにできなくて困るかな。あと、船内は空気が乾燥しているので、肌荒れには特に気を遣います。化粧品は絶対切らさないように、しっかり在庫管理していますよ(笑)。食事は当番制で、当直に合せて平等に担当します。みんな男性だけど料理に慣れてて、手早いし上手です。自炊は1人暮らしの時しかしていないので、大人数の食事の用意はまだ量の感覚がつかめなくて、ちょっと苦手かも(笑)。船に乗ったらすぐには病院に行けないので、とにかく安全第一でケガをしないことと、体調管理に気を配っています。

イメージ

船員の仕事は自分にぴったり。

私の仕事は2カ月乗船して20日間休みのサイクル。旅行好きの私にとって、この長期休暇は大きな魅力です。遠くてなかなか会えなかった全国各地の友達に、近くに寄港した際に会えるようにもなりました。そして何と言ってもこの仕事の良さは、通勤時間がないこと。寝て、起きて、すぐに仕事ができる(笑)。さらに、乗船中は食費がかからないしお金を使うことがないから、必然的に貯金ができてしまう。私には良いことずくめの仕事です。もっと女性船員が増えてもいいと思うのですが、まだまだ認知度が低いんですよね。私も親や周囲の人に理解してもらうのが大変でした。最後にはみんな応援してくれましたけど。自分の気持ちを強く持って、折れずに行動して良かったと思います。いざこの世界に入ってみたら、業界の方々が女性船員の育成に力を入れておられ、いろいろとバックアップしてくださったし。最初の一歩は勇気が要りますが、女性の仕事の選択肢の一つになればと思います。

丸宮海運株式会社

福岡県大牟田市中友町1番地34 TEL:0944-55-6745

【所有船舶】

しんせと

竣工2013年9月 / 総トン数749t / 全長95.77m / 全幅14m / 主機馬力3000ps / 速力13.2ノット

第十六栄幸丸

竣工2006年1月 / 総トン数749t / 全長90m / 全幅13.4m / 主機馬力3600ps / 速力14.8ノット

2019年2月掲載

↑ページの先頭へ