イメージ

船員になるには

船舶資格取得までの道のり

「船員」は船上で働く人の総称で、職員(オフィサー)と部員(クルー)に大きく分けられます。「職員」は海技士の国家資格を持つ船長・機関長・航海士・機関士等で、海技士資格を持たない甲板長・甲板員・機関員等の「部員」は職員を補助する仕事を担います。「職員」に必要な海技士資格を取得するには、「部員」として働きながら乗船履歴を積んで国家試験を受ける方法もありますが、船員養成学校(2年間以上)への入学のほか、短期間の講習で6級海技士の資格が取得できる「6級海技士短期養成講座」(4.5カ月間)の受講が近道です。

イメージ

6級海技士短期養成科について

海洋共育センターは、一般社団法人尾道海技学院および株式会社日本海洋資格センターJML 九州海技学院が開講している民間完結型の6級海技士養成プログラムに、民間訓練船団=海洋共育船団を提供しています。「6級海技士短期養成科」は、通常2年以上の乗船履歴が必要な6級海技士(航海・機関)資格を短期間で効率的に取得でき、訓練修了後には就職に必要な「当直資格」も得られる、航海士・機関士になるための最短コースです。

イメージ

【入学資格】

受講開始日までに18歳に達し、入学試験に合格した方

【試験内容】

筆記(小論文含む)・面接

【入学選考料】

30,000円

【試験会場】

【学費等】

※各校へお問い合わせください。

【特典】

海技免許講習(必須)が受講できます。

卒業後6カ月の乗船履歴で国家試験受験資格が得られ、身体検査のみで6級海技士(航海・機関)免状が取得できます。

航海当直部員の認定を受けることができます。

講習中に5級海技士(航海・機関)の筆記試験が受験できます(選択)。

SECOJ(公益財団法人日本船員雇用促進センター)を介して受講される方は、授業料が無料になる制度があります。(予定)

船員の「公共職業訓練等」の制度が利用できます。離職後雇用保険受給資格のある方は、公共職業訓練等の指示を受けることによって、受講中に失業保険や技能手当等の受給が可能です。

※離職等による雇用保険受給資格者はご相談ください。

【お問い合せ】

詳細は下記へお問い合わせください。

(一財)尾道海技学院

http://marine-techno.or.jp/

〒722-0025 広島県尾道市栗原東二丁目18番43号

TEL:0848-37-8111(代)

(株)日本海洋資格センターJML 九州海技学院

https://jml-gr.jp/

〒869-3207 熊本県宇城市三角町三角浦1193番地

TEL:0964-52-2451

海のしごと

船員への直撃インタビュー(船員の年収、給与、食事、結婚など)

Menu

一般社団法人 海洋共育センター

〒722-0035 広島県尾道市土堂一丁目10番13号 レイクス尾道ビル2階

TEL:0848-38-1170 FAX:0848-38-1160

交通アクセス

ページの先頭へ