「船員」は船上で働く人の総称で、職員(オフィサー)と部員(クルー)に大きく分けられます。「職員」は海技士の国家資格を持つ船長・機関長・航海士・機関士等で、海技士資格を持たない甲板長・甲板員・機関員等の「部員」は職員を補助する仕事を担います。「職員」に必要な海技士資格を取得するには、「部員」として働きながら乗船履歴を積んで国家試験を受ける方法もありますが、船員養成学校(2年間以上)への入学のほか、短期間の講習で6級海技士の資格が取得できる「6級海技士短期養成講座」(4.5カ月間)の受講が近道です。

ステップアップ

↑ページの先頭へ