内航海運業界の未来を見据えた
新しい仕組みづくり。

海洋共育センターは、船員不足問題の解消に内航海運業界全体で取り組み、船員確保と船員の資質向上を通じて、安定的な内航輸送サービスの提供と日本の産業維持・活性化に貢献するため、平成25年9月に設立された一般社団法人です。

共に学び育つ「共育」。

内航事業者が共同で船員を育成するだけでなく、関連するすべての海事事業者が共働することで「共に学び育つ」ことを目指します。

  1. 多数の事業者が共同で船員を育成する。
  2. 現役船員が新人船員を教育することによって自らも共に育つ。
  3. 船員育成の合理化を通じて経営者も共に育つ。
  4. 内航事業者だけでなく造船業や舶用工業等の関連産業事業者との交流によって共に育ち、海事クラスタを形成する。

「共育」を通してあらゆる課題に立ち向かう。

海洋共育センターは「共育」の考え方にもとづき、7つのビジョンに向かって活動しています。

  1. 中小零細事業者の船員の安定的かつ効率的な確保と育成
  2. 船員育成の共同化の仕組みの構築
  3. 船員育成コストの可視化と標準化の推進
  4. 中小零細事業者の経営合理化の支援
  5. 船舶管理会社・船員派遣事業者を含む広義の内航海運業界の恒久的な発展への寄与
  6. 関連する海事産業全体の連携促進とそれによる海事クラスタの構築
  7. これらによる日本経済の活性化への寄与

3つの主要事業を柱に業界の底上げ・強化。

内航事業者(とりわけ中小零細事業者)単独では実施困難な事業を、他組織とのコーディネートも含めて集約的に行っています。

海事人材育成開発事業(第1事業部会)

船員供給源の開拓を含め、新規船員の絶対数を増加させる事業。

再教育支援事業(第2事業部会)

現役船員の即戦力化と効率的なキャリアアップの仕組みの構築によって、船員の仕事の質の向上とやりがいを創造する事業。

企業力活性化事業(第3事業部会)

船員を確保・育成する主体である内航事業者の経営能力を向上させる事業。

↑ページの先頭へ